mt_title.jpg


とくしま豆天玉.com 徳島ご当地グルメ 豆天玉焼きマップ

豆天玉焼きについて

徳島のソウルフード「豆天玉焼き」

みなさんは甘く煮込んだ「金時豆」と小海老を油で揚げた「天ぷら」を「お好み焼き」に入れて食べたことがありますか?「邪道」「ミスマッチ」「甘くてマズそう」なんて思うかもしれませんねぇ・・・。そんな方は是非一度食べてみてください!
この歯ごたえと食感、そして「金時豆」と「天ぷら」の混ざり合った食のハーモニー、なんとも言えない癖になる味です。それら「豆天玉焼き」の徳島市内に存在するお店をご紹介いたします。

名称について

呼び名は『豆焼き』『豆天』『豆玉』『豆天玉』など様々です。小麦粉を水で溶き刻んだキャベツを混ぜ円状に広げ、甘く煮た「金時豆」を入れて焼く「豆焼」、それに玉子を入れた「豆玉焼き」、その上に少量の小海老をカラッと揚げた「天ぷら」を入れた「豆天玉焼き」があります。


hakuba_up.jpg

材料について

徳島は関西との交流が盛んであった為、お好み焼きのスタイルは「関西風」が主流です。
関西風と広島風の違いはみなさんもご存知かと思いますが、水で溶いた小麦粉に刻んだキャベツ・ネギ・天かす・玉子・豚肉・いかなどの具を専用の器に入れてよくかき混ぜてから鉄板の上に置いて焼くのが「関西風」で、鉄板に水で溶いた小麦粉を丸く広げて焼き、その上に刻んだキャベツやその他の具を置き、再び水溶き小麦粉をかけて焼くのが「広島風」です。

【天ぷら=えびてん】小麦粉を水で溶き、薄力粉や強力粉を入れたり中には膨らし粉(ベーキングパウダー)を入れよくかき混ぜ、少量の小海老を入れてカラッと揚げます。

【まめ=金時豆】甘く煮込んだ金時豆を使います。

hayashi_up.jpg

豆天焼き発祥の云われ

徳島市で豆を入れる文化は、徳島県が塩田が盛んな地域だったため甘党の人が多く、日頃とは違う甘い味を望んだことからだそうです。
そのまま食べる方もいれば、ちらし寿司の具に使う方も多く徳島の家庭料理としては登場することの多い材料です。
また、天ぷらはもともと「うどん」「そば」に入れておりますが、洋食焼きの時代に肉や魚介類のような贅沢品も無かったので少しでも贅沢感を出すために入れるようになったらしいです。

【発祥地】徳島市中心部 
【起源】戦後まもなく(昭和23年頃)

mame_zairyo.jpg